3DVRで作るオンラインツアー!メリットや活用・制作方法までご紹介

3DVRで作るオンラインツアー!メリットや活用・制作方法までご紹介

現地に行かなくても、旅行気分を味わえる!と話題沸騰中のオンラインツアー。

・コロナ禍で、来場者が減って困っている

・オンラインツアー導入したいけれど、どのように活用すればいいの?

・やってみたいけれど、どうやって作ればいいの?

など、興味はあるけれど実際にどのように制作し、また制作後の活用方法についてもいまいちよく分からないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、最新鋭技術マーターポートで制作するオンラインツアーについて特徴やメリット、活用方法そして制作方法までご紹介いたします。

オンラインツアーってなに?

直接現地に行かずとも、オンラインで気軽に旅行気分を楽しむことができる旅行の疑似体験サービスです。

これまで、時間や場所、費用面での制約により旅行を諦めてしまってことがある方もいるのではないかと思います。オンラインツアーは自宅から簡単に誰でも参加できるため、時間、場所を選ばずとも世界中の景色や文化、その地域独自の色に触れることできるサービスとして多方面で活用されることが期待されています。

オンラインツアー 3D

オンラインツアーは、動画配信サービスを活用して行われるものが多いです。具体的には、現地のガイドさんや旅行会社さんが観光地現地でカメラを回し、そこから配信される映像をリアルタイムで家から視聴するというものです。

動画配信サービスを活用したオンランツアーも双方向のコミュニケーションを可能にしてくれるサービスとして非常に魅力的ですが、今回は動画配信とは最新鋭技術「マーターポート(Matterport)」というサービスを使ったオンラインツアーについてご紹介していきます。空間を3Dモデルで表現できるとてもおもしろいサービスで、他とは少し違ったツアーを実現することができます。

マーターポートを使ったオンラインツアーの特徴と魅力

マーターポートってなに?

特殊なカメラを利用して空間を撮影し、その空間を3Dの模型データで作成するサービスです。
今回はこのサービスを活用したオンラインツアーについてご紹介していきます!

もっとマーターポートについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:【最先端VR技術】マーターポート(Matterport)ってどれだけすごいの?

マーターポート オンラインツアー5つの特徴

特徴1:4K 高画質

オンラインツアー マターポート

まず一つ目の特徴は、マーターポートのデータは4Kを使った高画質で表示されるため本物同様の3Dモデルができあがります。そのため、観光地の細部までデータ上にうつしだすことができ、ストレスなくオンラインツアーを楽しむことができます。

特徴2:ハイライト機能で、自動再生(案内)できる

マーターポートデータには、「ハイライト」と呼ばれる特定のポイントをピックアップして掲載できる機能があります(画面下部の、帯状に写真が連なっているところ)。このハイライト写真は、順番に自動再生することができるため、何も操作せずとも施設内の魅力的なコンテンツや空間をダイジェストで届けることができます。

マーターポートは、「見たい場所」を自由に自分の手でコントロールして見ることができるというのも大きな魅力の一つですが、それに加えて、自動で「魅せたい場所」をアピールできると施設の良さを漏れなく届けることができます。

特徴3:動画や写真を活用し、展示物や観光地を詳細に説明

3つ目は、マーターポートの大きな魅力である「タグ」と呼ばれる機能です(下の画像:吹き出しの先っぽ丸ポチ)。このタグ機能は、データ内に写真・動画・PDF・GIFなどのコンテンツを追加で埋め込むことができるというものです。空間データだけでは伝えづらい情報を、文字や動画を使って補足することができます。

リアルでは、時間の制約や人員不足などにより全てのお客様に専門的な情報を伝えることが難しい場面もあると思います。それに対して3Dデータの場合、一度コンテンツを作成してしまえばデータを見に来た全てのお客様に対して観光地の特徴や魅力を届けることができるため、お客様のツアーに対する充実度も高まります。

うまくタグを活用している事例です。
関連記事:BurberryでMatterportを使ったバーチャルショップを開店

特徴4:3Dの立体模型と平面フロアマップで簡単移動

マーターポートで作成されたデータは、「平面図」「立体図」「空間移動」の3つの視点で見ることができます。そのためオンラインツアー中、自分が今どこにいるのか、常に観光地の全体を把握しながら観光を楽しむことができます。

↓【平面図】・・・マップ

オンラインツアー 魅力1

↓【立体図】・・・3D模型

オンラインツアー 魅力2


地図を見ながら自分が行きたい観光地を巡ることができる
のは、まさにリアルでの旅行の疑似体験と言えます。この「地図を利用しながら旅行する」という点は、オンライン、オフラインともに共通しているのに対して、瞬間的に「行きたい場所」まで飛べるのはオンラインだけが持っている魅力です。

特徴5:地域丸ごと PRできる

マーターポートの撮影は、博物館や美術館程度の規模であれば1〜2日で撮影することができます。そのため、その地域内にある観光地を複数撮影し、地域丸ごと PRすることができます。同地域の施設や観光地同士で連携し、ゲーム性のあるコンテンツやイベントの企画などを通してオンラインツアーを盛り上げていくことができれば面白いツアーになるのではないでしょうか。

愛知県蒲郡(がまごおり)市での事例

生命の海科学館

online-tour example

蒲郡クラシックホテル

online-tour example2

六角堂

online-tour example3

オンラインツアー活用方法5選

マーターポートを使ったオンラインツアーについてご紹介してきました。
「マーターポートなんかすごい!」と少しでも魅力が伝わっていると嬉しいです。

魅力はわかったんけど、オンラインツアーを作成してもどう活用したらいいかあまりイメージが湧かないという方もいるのではないでしょうか。

オンラインツアー 活用方法
そこで、オンラインツアーの活用方法についてご紹介します。今回は5つの事例をお伝えしますが、活用の仕方はアイデア次第で何通りもあるので面白い活用をするためのヒントにしていただけると嬉しいです!

①予習ツアーで旅をするきっかけ作りに

一つ目の活用方法は、マーターポートのデータをホームページやSNSに掲載し、お客さんに現地に来る前の予習ツアーをしてもらうという方法です。マーターポートのデータは発行された URLで納品されます。そのためYoutubeなどの動画リンク同様、そのURLを貼り付けるだけでPCやスマートフォンから閲覧できるようになります。
オンラインツアー 旅行

このデータを、現地に訪れる前に見ていただき、観光地の特徴や魅力、または現地でしか楽しむことができないような「見どころ」を予習してもらい、そのあと予習の「答え合わせ」をするような感覚で現地に足を運んでもらうという新しい観光の楽しみ方を実現することができます。
マーターポートのデータはとてもリアルに観光地の魅力を表現することができるため、お客さんの「行きたい!」という欲が高まり、旅のきっかけになるのです。

②ECサイトと連携し、お土産や施設グッズなどの商品を販売

マーターポートの3Dデータには、タグ機能でECサイトを埋め込むことができます。そのため3Dデータ内にECサイトを設置しその地域の特産品やお土産、または施設のオリジナルグッズなどオンラインショップで商品を販売することができます。

オンラインツアー お土産

「買い物」は、旅行を楽しむための重要な要素です。複数のサイトやサービスを移動することなく、一つのデータ内で買い物までできてしまうため、旅行のエンタメ性と便利性を兼ね備えた機能と言えます。

③ツアー丸ごと、またはツアー内のコンテンツの一部を有料化

マーターポートサービスはURLさえ掲載してしまえば誰でも無料で閲覧することができるサービスです。しかし、あえてURLやサイトページに閲覧制限をかけ、「本当に見たい!」と思っているコアなファン向けに有料の閲覧権限を設けることもできます。サイト全体ではなくても、データ内の一部コンテンツだけ有料にすることもできるため、どこまで見せるかを選択することができます。

オンラインツアー 有料

④3Dデータと動画配信を併用したライブ配信ツアー

マーターポートオンラインツアーのデメリットの1つとして、データ内でリアルタイムの映像を見ることができないことが挙げられます。
これを解決するのが、動画配信サービスと3Dデータを併用するという方法です。作成した3Dデータを画面上でお客さんに共有しながら、実際に3Dデータを操作して観光を行い、その中でどうしてもリアルタイムで見せたい空間のみ現地から動画を使って配信します。そうすることで、動画配信のみを利用したオンラインツアーに比べて、お客さんだけでなく、ツアーガイドさんなど配信をする側の移動コストも削減することができるというメリットがあります。

オンラインツアー ライブ配信

⑤クイズ機能を活用。教育、研修コンテンツに

最後は教育コンテンツとしての活用方法です。3Dデータ内に、クイズ機能や音楽を流す機能などを設置することで「学び」を提供することができます。工場やオフィスなどを撮影し、工場見学や社内ツアーを行うことで「楽しさ」に加えて「学習」の要素も追加することもできます。

オンラインツアー 工場見学

今オンラインツアーを導入するべき理由

コロナ後の旅をするきっかけ作りになる

マーターポートは、リアルに空間を表現することができるので、施設や観光地の魅力が届きやすくなり、お客さんの「行きたい欲」をアップさせることができます。
今は旅行先現地に足を運ぶことは難しいかもしれませんが、コロナ終息に向けて「ここに行きたい!」「あそこでこれをしたい!」と旅の計画を立てることは可能です。その旅のきっかけ作りにマーターポートはキラーアイテムになることが期待されます。

online tour

コスト削減になる

オンラインツアーを行うことはさまざまな場面においてコストの削減につながります。まずは、お客さん側の移動コストや費用の削減です。また企業側も、現地を訪問するための移動コスト、時間、人件費を減らすことができ、これまで当たり前になってしまっていた「手間」や「ストレス」を省くことができるようになります。

デジタルテクノロジーの進化に合わせて、ビジネスモデルや経営を再構築することができるようになり観光の形も変わりつつあります。

時間、場所、天候にとらわれずいつでも自由に観光できる

これまでは、旅行をしたくても「時間がない」「遠くて体力的に行けない」「天候に左右されてしまう」「料金が高い」・・・などさまざまな制約によって「行きたい場所に行けない」状況がありました。しかし、最近では、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉をよく聞くようになり、IT技術の力により人々の生活はどんどん豊かになってきています。ウィズコロナの新しい観光スタイルの1つとして、デジタルとリアルを融合させたオンラインツアーはこのような時代だからこそチャレンジする価値があります。

online tour

マーターポートオンラインツアーの作り方、やり方

打ち合わせ

 弊社のプランナーと​、撮影場所の打ち合わせ、​撮影日の日程調整を行います。

撮影

撮影日当日は、まず現地で最終確認していただきます。その後は、カメラマン1〜2名が撮影をしていきます(撮影中は立ち会い不要です)。 

編集

出来上がった3Dデータを編集していきます。ここではご要望に合わせて、画像や動画、ECサイトなどをデータ内に埋め込みます。

URL発行(納品)

編集が完了したデータは発行された URLで納品します。

アフターフォロー

納品後も活用方法までサポートさせていただきます。

同じ Matterportでも使用するカメラやカメラマンが異なるため、撮影・編集のクオリティーが大きく異なります。撮影を依頼する際は、実績やサービス内容を要確認です!

関連記事:マーターポート(Matterport)おすすめ会社4選!失敗しない選び方

最後に

今回は最新鋭設備マーターポートを使ったオンラインツアーについてご紹介いたしました。

観光の分野はコロナ禍で特に大きな影響を受けた業界だと思います。これをきっかけに新しい旅行の可能性を拡張し、一緒に観光業界を盛り上げることができれば幸いです。

リアルとオンラインを融合した新しい旅行スタイル。

マーターポート(Matterport)の制作、運用など、実績豊富な弊社に是非、お任せください!

Matterport基礎知識カテゴリの最新記事