BLOG

マターポート(matterport)ってどれだけすごいの?

Matteport(マーターポート))

最近、360°カメラインドアビュー3Dモデル等、よく耳にするようになりました。

その中でも、馴染みがあるのが、Google360°カメラRICHOのシータだと思います。

弊社が力を入れて取り組んでいるマターポートも少しづつ浸透してきましたが

それでも日本でのマターポートの認知度は数%です。

余談ですが、「マーターポート」とも呼ばれていますが、公式では「マターポート」が正しい呼び方です。

マターポートとよく比較されるのが、先でも例に上がったGoogle360°カメラ、RICHOのシータ、です。

それぞれ特徴はありますが、今回はマターポートの説明をしたいと思います。

マターポートとは?

アメリカ・サンフランシスコのシリコンバレーにあるベンチャー企業のMatterport社が発売している

3Dカメラを使った、カメラ+サーバーを用いた撮影サービスです。

Googleをはじめとする、様々なVC(ベンチャーキャピタル)から投資を受けています。

世界各国でマターポートのサービスが普及しています。

日本では、住宅情報サイトSUUMOが昨年10月にマターポート導入のプレスリリースを公開しています。

マーターポート(matterport)社

マターポートの特徴

・空間を3Dモデル・4K・高品質で表現

マターポートで空間を撮影すると美しい高画質の3Dモデルを生成し、

4K画質で撮影できるため、とてもきれいに映ります。

3Dモデルと現地のギャップが少なくなることでユーザーの満足度、好感度向上にも繋がります。

ご依頼頂いた、Ruby on Aoyamaさんの3Dデータです。

・スマホやPC、VRで簡単に表示

マターポートで生成された3Dモデルはを確認するのに特殊なアプリが一切不要です。

また、インターネットに繋がってさえいれば、携帯、タブレット等の端末による制限もないため、ユーザーへの汎用性も高いです。

3DモデルはURL上で動くため、instagram、Facebook広告にURLを載せた広告を発信することもできます。

建物を俯瞰した3Dモデルは、今までにみたことがない映像のため、ユーザーの視覚に「わくわく」を伝えることができる。

3Dモデルは昨今流行りのVRでも見ることができます。

画質が鮮明で綺麗なため、VRで見た際のストレスも少なく、VR内覧と現地とのギャップも少なく、

ユーザーに対して効果の高いコンテンツになります。

マターポートのデータをVRでみる方法はこちらの記事を参考にしてください。

MatterportをVRでみる方法をご紹介

VR内覧は、不動産、ハウスメーカー、工務店等でユーザーの行動を促す

効果があり導入企業も続々と増えています。

VR内覧 VR画像

・データ内にコンテンツ、リンク等の設置可能

これがマターポートの一番の特徴です!

生成された3Dモデルの中の好きな箇所に、動画や、画像、予約のリンク等

を設置することができます。

例えば、不動産の来場予約を3Dモデルの中にリンクを埋め込み、web内覧をして「いいな!」と思ったらそのまま来場予約が出来るページに誘導が出来ます。

ユーザーが「いい!」と思った瞬間を逃しません。

これはGoogle360°等の他の360°画像と大きく異なる特徴です。

3Dの仮想空間を歩くと、動画や、画像でその空間をアピールし、

24時間空間を案内してくれるガイドの様な役割を果たすコンテンツになります。

マーターポート matterport 飲食店 3D画像マーターポート matterport 飲食店 3D画像

Matterport事例

これまでに弊社は200以上の撮影実績があります。

コロナの影響で、対面の接客が難しくなったこともあり他業種からのお問合せをいただいています。

弊社で制作の協力をさせていただいた2つの事例を紹介します。

国立科学博物館

一般社団法人VR革新機構さまのご協力のもと実現しました。
一週間で40万アクセスが集まり、ツイッターでもトレンド入りをするなど話題になりました。

リグナ株式会社

リグナ株式会社さまはインテリア家具の通販サイト運営、ショールーム運営、空間設計、内装、リノベーション等を手掛けています。
バーチャルショールームと通販サイトを連携させて新しい顧客体験をユーザーに提供しました。
メディアなどにも取り上げられECサイトの売上に繋がったと喜びの声をいただきました。

まとめ

今回はいま話題のマターポートとはどんな特徴があるのかをお伝えさせてただきました。

まとめると、マターポートの3Dサービスは「空間のみえる化をウェブブラウザ、スマートフォン、タブレットやVRゴーグルで実現できるオールインワンソリューション」です。

アメリカをはじめ、ヨーロッパ地域でも多くの人にマターポートの技術は活用されて、様々なアイディアによって広がりを見せています。

最近では、対面での接客や、イベント、観光施設への案内、など顧客との接点をもつことが難しくなっています。
マターポートのサービスは少しでも顧客との接点を保ち、自分たちのコンテンツの新しい情報発信に繋がり
今ある課題解決に繋がるツールです。

弊社では、豊富な撮影実績をもとに、撮影だけではなく3Dモデルを活かしたプロモーション提案が強みです。

マターポートに関すること、活用方法など、是非弊社にお任せください。

お問合せはこちら

 

!お知らせ!
マターポートのデータを活用して物件を遠隔操作で内覧できるようシステムを独自開発しました。
ホスト側で遠隔操作が可能となり、
クライアント側は画面をみているだけで操作不要で室内の案内が可能
これまでにない新しい内見・内覧の形。
特設案内ページはこちら

 

マターポートのユーザー会も設立しました。
意見交換や情報共有を行っています。こちらもご参加ください。

参加する

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回はMatterportコンテンツを使った、イベントでの活用方法の1つの答えになるのではないか...

よく読まれている記事

  1. 2020.7.19

    Matterport 事例集 2020年最新版

    弊社がこれまでに多くのMatterportデータを作成してきました。
  2. 2020.7.18

    MatterportをVRでみる方法をご紹介

    VRを使ってMatterportのデータをみたことはありますか?Matterportのデータは基...
  3. 2020.4.23

    Matterport撮影 国立科学博物館

    Matterportで国立科学博物館を撮影先日、国立科学博物館の3D撮影を合同会社Advalay...