【最先端VR技術】マターポート(Matterport)ってどれだけすごいの?

【最先端VR技術】マターポート(Matterport)ってどれだけすごいの?

【最先端VR技術】マターポート(Matterport)ってどれだけすごいの?

最近、360°カメラインドアビュー3Dモデル等、よく耳にするようになりました。
その中でも、馴染みがあるのが、Google360°カメラRICHOのシータだと思います。

弊社が力を入れて取り組んでいるマターポートも少しづつ浸透してきましたがそれでも日本でのマターポートの認知度は数%です。

余談ですが、「マーターポート」とも呼ばれていますが、公式では「マターポート」が正しい呼び方です。マターポートとよく比較されるのが、先でも例に上がったGoogle360°カメラ、RICHOのシータ、です。

それぞれ特徴はありますが、今回はマターポートの説明をしたいと思います。

matterport-seminar

マターポートってどんなもの?

マターポートとは

ひとことで言うと、「自由な角度から俯瞰的に空間を見ることができる、3Dの模型データを作成するカメラ(サービス)」です。アメリカ・サンフランシスコのシリコンバレーにあるベンチャー企業のMatterport社が発売している3Dカメラを使い撮影しています。

どんなカメラを使うのか?

マターポート カメラ

これがMatterportです。6つのカメラがついており、距離を測るための赤外線カメラ空間を認識させるためのカメラが横並びについており、この2つのカメラが3段分あります。この3段がそれぞれ、カメラの上部、正面、下部を撮影しています。
撮影の際は、このカメラをiPadやiPhoneなどのデバイスと接続し、デバイスでカメラを操作します。
1ショット=360度回転で約4秒ほどかかります。
この360°撮影を繰り返して空間の認識を広げていくことで、3Dの立体空間が出来上がります!

マターポートのここがすごい!その特徴とは

4Kの高画質

最新の撮影技術を利用しているため、高画質で建物の細部まで鮮明に見ることができます。
看板や、ポスターなどの文字もしっかりと読めるくらい綺麗にはっきりと写ります。

(https://kakakumag.com/引用)

3つの視点で空間が見れる

Matterportのデータは「平面図」「立体図」「空間移動」の3つの視点で見ることができます。

①平面図(フロアマップ)

1つ目の視点は、施設を真上から見た「平面図(フロアマップ)」です。特に広い建物であれば、どこに何があるか一瞬で把握することができるのはとても便利です。また、3Dデータ内を移動する際自分がどこにいるかを常に把握しながら

②立体空間(ドールハウス)

2つ目は、「立体模型(ドールハウス)」です。これは、施設を真横から見た角度ですが、斜め上や真上などどの角度からでも見ることができます。施設の全体像を見れるのもマターポートの魅力的な機能の1つです。

③空間移動(ウォークスルー)

最後は、Googleストリートビューでおなじみのウォークスルー機能です。床に表示されている白丸をクリックしていくと、実際に空間を移動しているかのように空間内を移動することができます。

計測機能

またMatterportでは赤外線を使って正確に空間を測定(誤差1%未満)しているので、3D空間内の建物や家具の寸法を測ることが可能です。

従来の寸法計測方法で発生していた手間とコストを省くことができるため非常に便利です。大手建設会社でも導入が進んでいるため、今後さらに建設業界での需要が伸びるのではないかと予想されます。

スマホやPC,VRで簡単に表示

VR内覧 VR画像

マターポートで生成された3Dモデルは、特殊なアプリなどは一切不要で見ることができます。
3Dモデルは 発行された URL上で動くため、1度 URLを発行してしまえばHPやSNSなどさまざまな媒体でPRに活用することができます。

また3Dモデルはスマートフォン・PC・タブレット、さらにVRでも見ることができます。画質が鮮明で綺麗なため、VRで見た際にもストレスが少なく空間を楽しむことができます。

またVR内覧は、不動産、ハウスメーカー、工務店等でユーザーの行動を促す効果があり導入企業も続々と増えています。

関連記事:MatterportをVRで見る方法をご紹介

完成した3Dデータは編集が可能!

作成した3Dデータは、使用目的に合わせて編集していきます。
ここでは、様々な編集機能の中でも代表的な「タグ機能」「ハイライト機能」についてご紹介いたします。

タグ機能

このように、データ内に画像・動画・ECサイトリンクなどを埋め込むことができる「タグ機能」があります。
このタグを活用することで、博物館や美術館などでは展示物の専門的な説明ができるため魅力を存分に届けることができます。また、 ECサイトリンクを埋め込むことで、データ内でいいな!と思った商品を即時購入できるためお客様にとっても便利ですし、お店側にとっても売り上げにも貢献できる機能となっています。

ハイライト機能

また画面下部に写真が並んでいる部分の「ハイライト」と呼ばれる機能です。
ここでは、施設のエリアごとのデータを並べており、データを閲覧する際、「行きたい!」と思った場所に瞬時に飛ぶことができます。

代表的な機能としてはこの3つですが、これ以外にもSDKでアイデア次第でさまざまなシステムを実現できます。面白い機能が続々と出てきているので、興味がある方はぜひ以下の記事もご覧ください!

関連記事:Matterport利用者必見!SDKを使ったカスタマイズ事例

マターポートを導入するメリット

コスト削減・業務効率化

会社で所有している施設等をデジタル化することで、部署・社員間で情報共有の社内ツールになります。この社内ツールを、リモートで打ち合わせや新入社員の教育で活用することでコスト削減・業務効率化が期待できます。

 

新技術であるため、他社と差別化された革新的な PRができる

マターポートという技術は、オンラインで実際にその場にいるかのような疑似体験ができます。そのため、来場前の検討段階で見てもらえれば、お客さんの「行きたい欲」を高めることができますし、来場後にもう一度見てもらえば、その日の余韻に浸ったり、見たりなかったところをいつでも何度でも見ることができます。まだまだ認知は少ないですが、写真や動画だけでは伝わりにくかった臨場感やリアルさ、繊細さの表現を可能にした唯一無二のPRツールです。

 

顧客満足度・決断スピード向上に繋がる

ビジネス情報の中に、写真やツアーが含まれていると商品購入を検討してもらえる確率が29%高くなると言われています。(https://www.google.com/intl/ja/streetview/business/引用)

また3Dデータを掲載することで、ウェブサイトの滞在時間も15%増加していることからも、顧客は購入や来店の前にできるだけ多くの情報を知っておきたいのだという様子が伺えます。データ内では、商品・サービスの「ほぼ100%」を見ることができるため、その場で決断することが増えますし、また全てを知った上で「本当にいい!」と思ったものを購入しているため顧客満足度も増加します。
3Dデータを見た上で問い合わせをしている顧客は、100%の状態を見た上でさらに何かしらの情報を求めている購買意欲が高い客であるため、非常に成約の可能性も高く業務の効率化にもつながります。

(https://go.matterport.com/Real-Estate-Japan.html 引用)

マターポートを導入するデメリット

Pro2カメラは屋外のウォークスルー撮影に対応していない

Matterport Pro2は赤外線を利用するため、屋外でのスキャンが苦手です。360°写真(ある1地点)のみの撮影は可能ですが、ウォークスルーの撮影はできません。そのため屋外の撮影をしたい場合は、 BLKという別のマターポートカメラを使用する必要があります。

専門性が高い為、外部に委託しなければいけない

Matterportは誰でも撮影ができるわけではありません。比較的新しい技術であるため、撮影時に撮影エラーが出てしまったり、特に大規模な施設の撮影には経験値がなければ対応できないことがあります。規模の違いや、撮影エラーに対する対応力を持った会社はまだまだ少ないです。

汎用性が高いため、活用方法、企画力などが必要になる

マターポートデータは、住宅、美術館、アパレル、工場など幅広い業界で活躍しています。
そのため、活用方法も多種多様で、いまいちうまく活用できずに終わってしまうことも…。
そのため、オリジナルのアイデアがない場合は、活用方法までサポートしてくれる会社に依頼するすることをおすすめします。頼んでみたら想像していたデータと違った…ということがないよう、マターポート制作会社の失敗しない選び方についての記事もぜひ参考にしてみてください。

関連記事:マターポート(Matterport)おすすめ会社4選!失敗しない選び方

マターポートの代表活用シーン

ホームページへ掲載

活用方法でもっとも多いのが、ホームページへの掲載です。発行されたURLをホームページへ埋め込むだけなので非常に簡単に活用することができます。

今回ご紹介するのは、東京国立博物館(表慶館)の「おうちで体感!日本の伝統芸能」です(上記写真)。コロナ禍で中止になってしまったイベントも多いのではないかと思いますが、代わりにお家で楽しむことができるコンテンツを実現できるのはお客さん、博物館、また展示品の製作者など多くの方を救う画期的な救済ツールになったのではないかと感じます。

■東京国立博物館(表慶館)「おうちで体感!日本の伝統芸能」 https://tsumugu.yomiuri.co.jp/dentou2020/

 

社内共有データ

マターポートのデータは下記のようにパスワードを設定し公開範囲を限定することで、内部向けのツールとして活用することもできます。

マターポート 活用事例 アーカイブ

 

具体的には、下記のような活用例があります。

工場内の備品管理

マターポート 活用方法 工場

こちらは、ニッコー株式会社での活用事例です。
1つのデータで工場内のどこに何があるのかを全て把握することができます。
データ内には、文字情報も埋め込むことができるため、備品の詳細情報まで簡単に共有できてしまう非常に便利なツールです。

美術館での秘蔵映像アーカイブ

また、美術館や博物館などで一般公開はできないが「残しておきたい!」というような、秘蔵映像や非公開の展示品などを撮影しデータ内に保存することもできます。期間限定の企画展や、貴重な展示物などを残せることは、美術館、博物館さまだけでなく展示品の制作者にとっても嬉しいツールです。

社内研修ツール

マターポート 活用方法 社内研修

さらに社内研修ツールとしても利用できます。上記の写真のように、オフィスに関する情報を文字で表示させることもできるので、3D映像による施設の構造・雰囲気だけでなく「文字情報」で重要事項も共有することができます(文字だけでなく動画や写真も表示することができます)。
コロナ禍でも、ストレスなくオンラインでの研修を可能にします。また、オフィスの撮影データは、採用ページなどに掲載することでオンラインでのオフィスツアーを行うことも可能です。

オンライン内覧

3Dモデルとして、オンライン内覧に活用することができます。
写真や動画だけでは、お客さんに見せたい場所をうまくコントロールして見せるのは難しいです。しかし3Dモデルを活用すれば、家の繊細な部分まで「見せたい場所を」「選んで」見せることができるのでスムーズに内覧できます。最近では、オフラインの場を使うことなくオンラインのみで契約まで進めることも多くなってきています。

 

撮影〜納品の流れ

①打ち合わせ(日程調整)

プランナーと、撮影場所の打ち合わせ日程調整を行います。
撮影してはいけない場所や価格などしっかりと打ち合わせをしていきます。

②撮影

カメラマンが撮影場所に伺い、撮影を行います。
撮影場所の規模にもよりますが、基本的にカメラマンは2名、撮影期間は1〜2日程度です。

基本的に自動で撮影を行うストリートビューのカメラとは異なり、マターポートは撮影場所やカメラの高さを自由に人力で決めることができます。そのため、「魅せたい!届けたい!場所」を繊細に丁寧に撮影を進めていきます。

③編集

撮影で完成したデータを編集していきます。撮影ポイントの選択見せたくない場所のぼかしECサイトや動画リンクの埋め込みなど、より充実したコンテンツになるよう仕様書に沿ってデータを完成させていきます。

④納品

完成したデータは、URLにて納品いたします。

マターポートを使いたい販売店・代理店へ

マターポートカメラの価格は?

各社ホームページなどを見ていると「〇〇㎡まで撮影料金3.5万円〜」という表記をよく見かけます。

しかし2021年5月現在、Matterportの制作において依頼先によってまだまだ価格に差があります。理由としては、マターポートは撮影ポイントの数や編集のクオリティーによって費用が変動するサービスだからです。
また費用は撮影料金だけでなく、データの編集費や出張、交通費、などの費用も追加で発生します。

自社でカメラを購入して撮影を試みる

カメラを自分で購入して撮影することもできます。しかし、新しい技術であるためなかなか初めての撮影では思うように3Dモデルが完成しないことが多いです。
それでも自分たちでやってみたい!という方は、 Matterportユーザー会など困った時に質問ができる環境を持っておくことをおすすめします。

■Matterportユーザー会はこちら

撮影・制作会社へ依頼する

リアルでクオリティーの高いデータを作成するのであれば、やはり制作会社に依頼をするのが確実だと思います。制作会社の選び方については、こちらの記事で解説しています。

関連記事:マターポート(Matterport)おすすめ会社4選!失敗しない選び方

まとめ

今回はいま話題のマターポートとはどんな特徴があるのかをお伝えさせてただきました。

マターポートの3Dサービスは「空間のみえる化をウェブブラウザ、スマートフォン、タブレットやVRゴーグルで実現できるオールインワンソリューション」です。アメリカをはじめ、ヨーロッパ地域でも多くの人にマターポートの技術は活用されて、様々なアイディアによって広がりを見せています。

最近では、対面での接客や、イベント、観光施設への案内、など顧客との接点をもつことが難しくなっています。マターポートのサービスは少しでも顧客との接点を保ち、自分たちのコンテンツの新しい情報発信に繋がり、今ある課題解決に繋がるツールです。

弊社では、豊富な撮影実績をもとに、撮影だけではなく3Dモデルを活かしたプロモーション提案が強みです。マターポートに関すること、活用方法など、是非弊社にお任せください。

 

お知らせ

①独自システムの開発で、初の遠隔操作が可能に!
マターポートのデータを活用して物件を遠隔操作で内覧できる弊社独自システムを開発しました!ホスト側で遠隔操作が可能となり、クライアント側は画面をみているだけで操作不要で室内の案内が可能!
これまでにない新しい内見・内覧の形となっております。

特設案内ページはこちら

②マターポートのユーザー会設立(Facebook)
意見交換や情報共有を行っていますのでご興味がある方は是非こちらから参加してみてください! ✨

Matterport LABO



Matterport SDKを使ってマターポート映像カスタムしています。
例:ロゴ配置、クイズゲームなど

マターポートでできることカテゴリの最新記事