ビジネスにおけるMatterportの活用方法とは?目的・業界別に事例もご紹介

ビジネスにおける Matterportの活用方法とは?

こんにちは!株式会社Advalay編集部です!
Matterportが幅広い業界業種で導入されていますが、どのようにビジネスに活用されているかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Matterportの活用方法について目的、業界別にご紹介いたします。

この記事はこんな方にオススメ
  • Matterportの導入を考えているが、いまいち活用のイメージがわかない
  • Matterportをうまくビジネスで活用して、成果をかげたい
  • 実際にMatterportを活用している事例やその導入効果を知りたい
Advalay_banner
目次

Matterportとは

(https://matterport.com/ja)

Matterportとはひとことで言うと、「自由な角度から俯瞰的に空間を見ることができる、3Dの模型データを作成するカメラ(サービス)」です。

アメリカ・サンフランシスコのシリコンバレーにあるベンチャー企業のMatterport社が発売している3Dカメラを使い撮影しています。

Matterportの3つの活用方法

Matterportはさまざまな場面で活躍していますが、その中でも特に3つの目的で活用されています。

【対顧客ツール】集客や販売促進などPRに

1つ目は、Matterportが実現する「空間への没入感」「疑似体験」によって商品やサービスのPRに活用されています。
Matterportの映像は4Kの高解像度であるため、リアルの空間をそのまま表現することができます。

実際にMatterportを活用して集客や販売促進に成功している事例を3つご紹介します。

オンラインショップ

引用:https://jp.burberry.com/burberry-ginza-virtual-pop-up/

まずは、アパレル業界「Burberry」のバーチャルショップです。
こちらの映像はBurberryの実店舗を撮影し、その空間をそのまま3Dモデルで表現しています。また撮影期間にはポップアップストアが開催されており、女優の池田エライザさんも映像に出演しています。

引用:https://jp.burberry.com/burberry-ginza-virtual-pop-up/

芸能人を起用しての企画など、実店舗では実現できないようなコンテンツを組み込むことができるのもオンラインサービスの魅力です。

また、Burberryの映像ではMatterport SDKを活用して映像をカスタマイズしています。タグのボタンをブランドのロゴにしたり、池田エライザさんのウェルカム動画を表示させていることでブランドイメージが湧きやすくイメージアップや訴求力のUPにも繋がります。

引用:https://jp.burberry.com/burberry-ginza-virtual-pop-up/

商談のメインツールやVR体験イベントに

続いては、ハウスメーカーのOnlyYouHomeの事例です。
こちらでは、オンライン商談を行う際のメインツールとして活用されています。Matterport導入前は、オンラインで物件を案内する際複数の画像や動画を用いていたため画面を切り替えるというストレスが生じていました。

Matterportは1つの映像内に全ての情報を集約できるためスムーズに商談を進めることができます

また、MatterportはVRで楽しむこともできるため展示場などでVR体験コーナーを設置し、1つのモデルハウスで複数の物件案内を可能にしており、大幅に移動コストを削減することできています。

メディアへ掲載でPR

最後は、蒲郡のクラシックホテルの活用事例です。
ホテルの公式サイトでは、静止画や動画を用いて客室を掲載しているものがほとんどだと思います。そのため、玄関からの導線やフロア全体の雰囲気は伝わりづらいことがあります。
そこでMatterportでホテルの空間全体をそのまま疑似体験していただくことで、お客様がホテルを選定しやすく予約につながります

【社内向けツール】業務効率化やコスト削減に

またMatterportは外部向けだけでなく、社内など内部向けのツールとしても活躍します。
1つのデータ内に全ての情報を集約し共有することで業務の効率化につながります。

備品管理(NIKKO工場)

工場内での備品管理の事例です。
ドールハウスやマップを活用し工場の全体像を把握しつつ、どこに何があるのか詳細な情報までオンライン上で共有することができます。

施工過程の共有(建築)

オンラインツアー 工場見学

工事中の建築物を複数回撮影することで、工事現場の施工過程をオンライン上で共有することができます。
映像は4Kの高画質であるため、細かい変化まで映し出すことが可能です。

アーカイブ保存(森美術館)

最後は、アーカイブ保存の役割についてです。美術館や博物館、またはイベントなどの企画展で主に活用される方法です。
展覧会や企画展は期間が設けられていることがほとんどであるため、せっかくコストをかけて制作しても一定期間でその空間を取り壊さなくてはなりません。そのためMatterportを活用し空間をそのまま保存しておくことで、半永久的にその空間を残すことができます。

【行政向けツール】公共サービスに

最後の活用方法は、公共サービスとして映像を公開するという方法です。

コンテンツ無料公開(名古屋城)

(引用:https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/guide/honmarugoten/

名古屋城本丸御殿では、本丸御殿が丸ごとバーチャル化された超豪華バーチャルツアーが公式WEBサイトに掲載されています。

地域活性化(蒲郡)

(引用:https://gamagori-classic-hotel.com/

また、愛知県蒲郡市では、市のシンボルでもあるクラシックホテルやその近辺にある科学館、記念館などをまとめて撮影し、市全体の地域活性化を目的としたプロジェクトとして撮影を行いました。
オンライン上で観光を楽しむことができるバーチャルツアーを体験することができます。

資料アーカイブ(佐倉)

こちらの映像は佐倉市の武家屋敷です。歴史的建造物の資料としてアーカイブとしても、公共のサービスとしても活用いただけます。

Matterport業界別の活用事例

不動産

不動産業界オンライン商談のメインツールとしても活用されているMatterport。
Matterportの公式サイトでは、3Dのバーチャルツアーを体験した人の95%が物件についての電話をかけるというデータを発表しています。
Matterport映像では、自分がみたい場所を好きなだけ見ることができ、物件選びをする際の判断材料が多くなるため物件を「決定」をしやすくなるようです。

引用:https://matterport.com/ja/industries/real-estate

ホテル

Matterport公式サイトでは、Matterport映像を活用することでホテルの予約率が14%増加し、また2D画像と比較して3Dツアーでの利用率が300%増加した(Vacasa使用事例)と発表しています。
通常の予約サイトでは、ホテルの客室やロビーが断片的に表示されているだけですが、Matterport映像では入り口から客室までの導線を見ることができるため、安心して予約に進むことができます。

引用:https://matterport.com/ja/industries/travel-hospitality

アパレル


新型コロナウイルスの影響でオンラインで買い物をする顧客も増えています。しかし、そのうち70%が店内を歩き回ったり商品の展示棚を実際に楽しむことができなくなっていると述べているそうです。
一方、回答者のうち73%が3Dのバーチャルストアでのショッピングを望んでいるといいます。オンラインショッピングにも、便利さだけでなく、リアルと同様の楽しさも求められるようになってきており、Matterportはそれを実現できるツールとして注目されています。

引用:https://matterport.com/ja/industries/retail

建築

オンライン上で空間の測定や管理など共同作業を行うことが可能になり、業務効率化を図れるようになります。
Matterport調査では、89%が建築、建設エンジニアリング、建設の未来にとって3Dリアリティーキャプチャーが重要であることに同意しています。また、現場の状況を伝えるツールとして3Dウォークスルーが他の手段よりも優れていることに82%が同意しているといいます。

美術館・博物館


最後は美術館博物館の事例です。
これまでは、美術館の空間を撮影し無料でその映像を公開するというような活用方法が主流でしたが、Matterport SDKなどでカスタマイズを行うことでコンテンツを有料化することもできるようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Matterportの活用方法についてまとめます。

Matterport 活用方法
  • Matterportの主な活用目的は3つである
  • さまざまな業界で導入事例があり、また効果も出ている
  • 映像やコンテンツは有料化することもできる
  • 今後さらに新しいビジネス活用が出てくる

ウィズコロナ時代の新常識としてリアルとオンラインが融合した新たな集客・PR方法がどんどん浸透しており、Matterportも幅広い分野で導入が進んでいます。

弊社では1000件以上の撮影実績をもとに、撮影だけではなく3D モデルを活かしたプロモーション提案が強みです。
Matterportに関することや活用方法などぜひお気軽にお問い合わせください。

Advalay
Advalay編集部
このメディアは、Matterportを中心としたコンテンツを発信しています。Matterport事業を行っているAdvalayだからこそ専門的で網羅的な情報をお届けできます。どなたでもわかりやすく、楽しめるコンテンツを作っていますのでぜひご覧ください。
目次
閉じる