【最先端VR技術】Matterport(マーターポート)ってどれだけすごいの?

こんにちは!合同会社Advalayです。

没入型3Dモデル「Matterport(マーターポート)」は、いつでもどこでもオンライン上で人と場所とを繋ぐことができるツールとして注目を集めています。しかし、

「Matterportって結局何ができるの?」
「Matterportサービスを導入したいけど、費用や注意点がわからない…」
「この先Matterport市場は伸びるの?」
などの疑問を抱えている方も多いと思います。


この記事では、Matterport事業で失敗しないよう、Matterportの概要を網羅的に解説していきます。


私たちはMatterportをメイン事業としており、また業界内でも比較的早い時期に導入いたしました。
撮影だけでなく編集やカスタマイズまでトータルでサポートを行なっているためMatterportに関するノウハウを全てご紹介していきます!

目次

Matterport(マーターポート)の概要

Matterportとは?

Matterportとはひとことで言うと、「自由な角度から俯瞰的に空間を見ることができる、3Dの模型データを作成するカメラ(サービス)」です。アメリカ・サンフランシスコのシリコンバレーにあるベンチャー企業のMatterport社が発売している3Dカメラを使い撮影しています。

Matterport社について

Matterport は、建築物のデジタル化とインデックス化に取り組む空間データのリーディングカンパニーです。当社のオールインワン型 3D データプラットフォームでは、空間を正確で没入感のあるデジタルツインに転換して、空間の設計、構築、運用、プロモーション、理解に利用できます。
(参考:Matterport公式ホームページ)

Matterport市場の動向

こちらのデータは、Matterportの利用者推移を表したグラフです(※ 赤色が有料ユーザー、灰色が無料ユーザー)。
新型コロナウイルスの感染拡大による影響もあり、1年間で利用者が急増していることがわかります。

Matterportが今注目されている3つの理由

新型コロナウイルス感染拡大による消費動向の変化

新型コロナウイルスの感染拡大により、ユーザーの消費動向や生活様式に大きな変化が起きています。
リアルの場での交流が困難になってしまった状況下においては、オンライン上でいかに「つながる」ことができるかが求められています
Matterportは、いつでもどこでも誰でもオンライン上で繋がりを生み出すことができるツールとして注目を集めています。

全公開広告の時代

「全公開の時代」になってきています。
これまでは商品の全てを公開するのではなく、断片的な情報のみを公開することで消費者の興味や焦りを掻き立てる「ティザー広告」とも呼ばれるマーケティング方法が多く活用されていました。
しかし現在では、「商品の無料体験」や「口コミ」など商品やサービスの全てを知った上で「本当にいい!」を感じたものだけを購入するユーザーが増えています
Matterportは「空間の全て」を公開できる最上級のアイテムです。

Matterportがもたらす費用対効果の大きさ

それだけでなくMatterportの導入がもたらす効果にも注目が集まります。
例えば、ペリーエリスインターナショナル株式会社(ファッション)では、Matterportでショールームを作成したことによりオフラインでの顧客会議を全てオンラインに移行しました。その結果、75%の出張費を削減に成功したそうです。
「新しい」「目を引く」だけでなく、各業界に絶大な効果をもたらすMatterport。
世界中で注目されているのにも納得がいきます。

Matterport pro2の5つの機能

4Kの高画質

Matterport 4K 説明画像
https://kakakumag.com

最新の撮影技術を利用しているため、高画質で建物の細部まで鮮明に見ることができます。
看板や、ポスターなどの文字もしっかりと読めるくらい綺麗にはっきりと写ります。

3視点映像

Matterportのデータは「平面図」「立体図」「空間移動」の3つの視点で見ることができます。

①平面図(フロアマップ)

1つ目の視点は、施設を真上から見た「平面図(フロアマップ)」です。特に広い建物であれば、どこに何があるか一瞬で把握することができるのはとても便利です。また、3Dデータ内を移動する際自分がどこにいるかを常に把握しながら

②立体空間(ドールハウス)

2つ目は、「立体模型(ドールハウス)」です。これは、施設を真横から見た角度ですが、斜め上や真上などどの角度からでも見ることができます。施設の全体像を見れるのもマーターポートの魅力的な機能の1つです。

③空間移動(ウォークスルー)

最後は、Googleストリートビューでおなじみのウォークスルー機能です。床に表示されている白丸をクリックしていくと、実際に空間を移動しているかのように空間内を移動することができます。

編集機能

作成した3Dデータは、使用目的に合わせて編集していきます。
ここでは、様々な編集機能の中でも代表的な「タグ機能」「ハイライト機能」についてご紹介いたします。

①タグ機能

このように、データ内に画像・動画・ECサイトリンクなどを埋め込むことができる「タグ機能」があります。
このタグを活用することで、博物館や美術館などでは展示物の専門的な説明ができるため魅力を存分に届けることができます。また、 ECサイトリンクを埋め込むことで、データ内でいいな!と思った商品を即時購入できるためお客様にとっても便利ですし、お店側にとっても売り上げにも貢献できる機能となっています。

②ハイライト機能

また画面下部に写真が並んでいる部分の「ハイライト」と呼ばれる機能です。
ここでは、施設のエリアごとのデータを並べており、データを閲覧する際、「行きたい!」と思った場所に瞬時に飛ぶことができます。
代表的な機能としてはこの3つですが、これ以外にもSDKでアイデア次第でさまざまなシステムを実現できます。面白い機能が続々と出てきているので、興味がある方はぜひ以下の記事もご覧ください!

計測機能

またMatterportでは赤外線を使って正確に空間を測定(誤差1%未満)しているので、3D空間内の建物や家具の寸法を測ることが可能です。
従来の寸法計測方法で発生していた手間とコストを省くことができるため非常に便利です。大手建設会社でも導入が進んでいるため、今後さらに建設業界での需要が伸びるのではないかと予想されます。

スマホやPC,VRで簡単に表示

Matterport(マーターポート)で生成された3Dモデルは、特殊なアプリなどは一切不要で見ることができます。
3Dモデルは 発行された URL上で動くため、1度 URLを発行してしまえばHPやSNSなどさまざまな媒体でPRに活用することができます。
また3Dモデルはスマートフォン・PC・タブレット、さらにVRでも見ることができます。画質が鮮明で綺麗なため、VRで見た際にもストレスが少なく空間を楽しむことができます。
またVR内覧は、不動産、ハウスメーカー、工務店等でユーザーの行動を促す効果があり導入企業も続々と増えています。

Matterportを導入する3つのメリット

コスト削減・業務効率化

会社で所有している施設等をデジタル化することで、部署・社員間で情報共有の社内ツールになります。この社内ツールを、リモートで打ち合わせや新入社員の教育で活用することでコスト削減・業務効率化が期待できます。

新技術であるため、他社と差別化された革新的な PRができる

マーターポートという技術は、オンラインで実際にその場にいるかのような疑似体験ができます。そのため、来場前の検討段階で見てもらえれば、お客さんの「行きたい欲」を高めることができますし、来場後にもう一度見てもらえば、その日の余韻に浸ったり、見たりなかったところをいつでも何度でも見ることができます。まだまだ認知は少ないですが、写真や動画だけでは伝わりにくかった臨場感やリアルさ、繊細さの表現を可能にした唯一無二のPRツールです。

顧客満足度・決断スピード向上に繋がる

ビジネス情報の中に、写真やツアーが含まれていると商品購入を検討してもらえる確率が29%高くなると言われています。
https://www.google.com/intl/ja/streetview/business/引用
また3Dデータを掲載することで、ウェブサイトの滞在時間も15%増加していることからも、顧客は購入や来店の前にできるだけ多くの情報を知っておきたいのだという様子が伺えます。データ内では、商品・サービスの「ほぼ1100%」を見ることができるため、その場で決断することが増えますし、また全てを知った上で「本当にいい!」と思ったものを購入しているため顧客満足度も増加します。
3Dデータを見た上で問い合わせをしている顧客は、100%の状態を見た上でさらに何かしらの情報を求めている購買意欲が高い客であるため、非常に成約の可能性も高く業務の効率化にもつながります。
https://go.Matterport.com/Real-Estate-Japan.html  引用)

Matterport(マーターポート)を導入時の注意点

Matterport Pro2カメラは屋外のウォークスルー撮影に対応していない

Matterport Pro2は赤外線を利用するため、屋外でのスキャンが苦手です。360°写真(ある1地点)のみの撮影は可能ですが、ウォークスルーの撮影はできません。そのため屋外の撮影をしたい場合は、 BLKという別のマーターポートカメラを使用する必要があります。

専門性が高い為、外部に委託しなければいけない

Matterportは誰でも撮影ができるわけではありません。比較的新しい技術であるため、撮影時に撮影エラーが出てしまったり、特に大規模な施設の撮影には経験値がなければ対応できないことがあります。規模の違いや、撮影エラーに対する対応力を持った会社はまだまだ少ないです。

汎用性が高いため、活用方法、企画力などが必要になる

マーターポートデータは、住宅、美術館、アパレル、工場など幅広い業界で活躍しています。
そのため、活用方法も多種多様で、いまいちうまく活用できずに終わってしまうことも…。
そのため、オリジナルのアイデアがない場合は、活用方法までサポートしてくれる会社に依頼するすることをおすすめします。頼んでみたら想像していたデータと違った…ということがないよう、マーターポート制作会社の失敗しない選び方についての記事もぜひ参考にしてみてください。

Matterport(マーターポート)の代表活用シーン

ホームページへ掲載

活用方法でもっとも多いのが、ホームページへの掲載です。発行されたURLをホームページへ埋め込むだけなので非常に簡単に活用することができます。
今回ご紹介するのは、東京国立博物館(表慶館)の「おうちで体感!日本の伝統芸能」です(上記写真)。コロナ禍で中止になってしまったイベントも多いのではないかと思いますが、代わりにお家で楽しむことができるコンテンツを実現できるのはお客さん、博物館、また展示品の製作者など多くの方を救う画期的な救済ツールになったのではないかと感じます。


※ホームページへ3Dモデルを埋め込む方法は下記の記事で解説していますので参考にしてみてください。

社内共有データ

マーターポートのデータは下記のようにパスワードを設定し公開範囲を限定することで、内部向けのツールとして活用することもできます。

マーターポート 活用事例 アーカイブ


具体的には、下記のような活用例があります。

工場内の備品管理

マーターポート 活用方法 工場

こちらは、ニッコー株式会社での活用事例です。1つのデータで工場内のどこに何があるのかを全て把握することができます。
データ内には、文字情報も埋め込むことができるため、備品の詳細情報まで簡単に共有できてしまう非常に便利なツールです。

美術館での秘蔵映像アーカイブ

マーターポートカメラ 特徴

また、美術館や博物館などで一般公開はできないが「残しておきたい!」というような、秘蔵映像や非公開の展示品などを撮影しデータ内に保存することもできます。期間限定の企画展や、貴重な展示物などを残せることは、美術館、博物館さまだけでなく展示品の制作者にとっても嬉しいツールです。

社内研修ツール

マーターポート 活用

さらに社内研修ツールとしても利用できます。上記の写真のように、オフィスに関する情報を文字で表示させることもできるので、3D映像による施設の構造・雰囲気だけでなく「文字情報」で重要事項も共有することができます(文字だけでなく動画や写真も表示することができます)。
コロナ禍でも、ストレスなくオンラインでの研修を可能にします。また、オフィスの撮影データは、採用ページなどに掲載することでオンラインでのオフィスツアーを行うことも可能です。

オンライン内覧

3Dモデルとして、オンライン内覧に活用することができます。写真や動画だけでは、お客さんに見せたい場所をうまくコントロールして見せるのは難しいです。しかし3Dモデルを活用すれば、家の繊細な部分まで「見せたい場所を」「選んで」見せることができるのでスムーズに内覧できます。最近では、オフラインの場を使うことなくオンラインのみで契約まで進めることも多くなってきています。

Matterportおすすめ撮影代行会社5選

①合同会社Advalay(アドバレイ)

Matterport おすすめ advalay

おすすめポイント

  • 3年間Matterportサービスを提供するリーディングカンパニーでありノウハウがある
  • 大小さまざまな規模で1000件以上の撮影実績があり業界内ではトップクラス
  • 屋外撮影も対応している
  • データのカスタマイズ(開発)までできる
  • 撮影〜アフターフォローまでトータルでサポートしている

会社概要

Advalay(アドバレイ)はMatterportの企画、撮影、運用・サポートまでをトータルで担っている会社です。
2020年5月話題となった国立科学博物館の「かはくVR」やその他美術館などの制作にも携わっており、幅広い業界・規模1000件以上の撮影実績があります。また、Matterportユーザー会設立、Matterportに関する情報発信など、専門性高く事業に取り組んでいます。
自社でもシステム開発をスタートし、事業展開の幅を広げています。

会社名:合同会社Advalay
設立年月日: 2019年2月
本社住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-14
事業内容: Matterport事業/システム開発事業/WEB事業/販促・PR事業

②デジタルスクウェア

おすすめポイント

  • 動画コンテンツの制作も同時に行える
  • 撮影ポイントが多いため、移動ポイントの選択肢が多い
  • 編集作業も細やかなため、データのクオリティが高い
  • トラブル対応力

会社概要

デジタルスクウェアは「スクウェアからのものづくり」をテーマに、WEB制作会社として2009年に法人化、素材撮影からWEB制作、運営サポート、アフターフォローまで、一貫したWEBサービスを展開。その後、2017年にVR事業部を設立し一眼レフをはじめ、様々な機材による撮影を実施。

会社名:株式会社 デジタルスクウェア(digital square Inc.)
設立年月日: 2009年7月
本社住所:〒106-0047 東京都港区南麻布2-1-15-302
事業内容: スタジオ事業部/ロケーションコーディネート事業部/システム開発事業部/VR事業部/WEB事業部

③野原ホールディングス株式会社VDCカンパニー

Matterport おすすめ nohara

おすすめポイント

  • 一定の撮影基準を設けているため、クオリティの高い映像を担保している
  • Matterport社リセラーのため、カメラを購入できる
  • 撮影だけではなく独自のソフトウェア開発など応用提案ができる点
  • 建築・不動産業界に精通している

会社概要

会社名: 野原ホールディングス株式会社
設立年月日: 2017年 1月5日
本社住所: 〒160-0022 東京都新宿区新宿一丁目1番11号
事業内容: グループ事業会社の経営計画・管理/グループ内の新規事業開発

④Move View

おすすめポイント

  • Youtubeやドローンなどそのほかの動画制作も一緒に依頼することができる
  • 大規模施設の撮影実績あり(国宝である瑞巌寺など)

会社概要

映像技術を通して「想い」を伝えるというのをVisionに掲げたスタートアップ。3D映像制作とYouTuberチャンネル運営をメインの事業とし、幅広いクライアントの課題を解決。また、スチール写真撮影やSNSアカウント運用等、パートナー企業様との提携により、あらゆるプロジェクトをワンストップで対応しています。

会社名:Move View株式会社
設立年月日: 2013年(平成25年) 4月30日
本社住所: 東京都新宿区天神町68 滝沢ビル4F
事業内容:3D映像(Matterport)サービス / 動画撮影 / 写真撮影 / Youtube運営

⑤ホームステージングジャパン

homestagingjapan ロゴ

おすすめポイント

  • 不動産関係に特化している
  • 本事業であるホームステイジングと同時に依頼ができる
  • 2年以上の実績がある

会社概要

会社概要
ホームステージング・ジャパンは、2013年4月に設立。「非常識であること~ホームステージングを通じて、日本の不動産取引に新たな価値創造を。~」をミッションに、売却予定の物件にインテリアコーディネートを行い物件の売却促進を支援するサービス「ホームステージング」を中核ビジネスとして、インテリア・不動産関連事業を展開。創業以来、「ホームステージング」の啓蒙活動や人材育成に注力し、急成長を続ける。その他、「高機能・高品質な360°3D撮影」や「海外家具の輸入」などのサービスを提供。

会社名: 株式会社ホームステージング・ジャパン
設立年月日: 2013年(平成25年) 4月30日
本社住所: 〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー3階
事業内容: ホームステージング/インテリアのプランニングコンサルタント業務

撮影〜納品の流れ

①打ち合わせ(日程調整)

プランナーと、撮影場所の打ち合わせ日程調整を行います。
撮影してはいけない場所や価格などしっかりと打ち合わせをしていきます。

②撮影

カメラマンが撮影場所に伺い、撮影を行います。
撮影場所の規模にもよりますが、基本的にカメラマンは2名、撮影期間は1〜2日程度です。
基本的に自動で撮影を行うストリートビューのカメラとは異なり、マーターポートは撮影場所やカメラの高さを自由に人力で決めることができます。そのため、「魅せたい!届けたい!場所」を繊細に丁寧に撮影を進めていきます。

③編集

撮影で完成したデータを編集していきます。撮影ポイントの選択見せたくない場所のぼかしECサイトや動画リンクの埋め込みなど、より充実したコンテンツになるよう仕様書に沿ってデータを完成させていきます。

④納品

完成したデータは、URLにて納品いたします。

FAQ Matterport(マーターポート)撮影事業を考えている方

Q1.Matterport撮影の価格は?

A.各社ホームページなどを見ていると「〇〇㎡まで撮影料金3.5万円〜」という表記をよく見かけます。
しかし2021年5月現在、Matterportの制作において依頼先によってまだまだ価格に差があります。理由としては、マーターポートは撮影ポイントの数や編集のクオリティーによって費用が変動するサービスだからです。
また費用は撮影料金だけでなく、データの編集費や出張、交通費、などの費用も追加で発生します。

Q2.自社だけで撮影を考えているのですができますでしょうか?

A.カメラを自分で購入して撮影を行えば、自社でも行うことができます。しかし、新しい技術であるためなかなか初めての撮影では思うように3Dモデルが完成しないことが多いです。
それでも自分たちでやってみたい!という方は、 Matterportユーザー会など困った時に質問ができる環境を持っておくことをおすすめします。

Q3.どのような基準をもとに Matterport撮影会社へ依頼すればよろしいでしょうか?

A.リアルでクオリティーの高いデータを作成するのであれば、やはり制作会社に依頼をするのが確実だと思います。制作会社の選び方については、こちらの記事で解説しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
2022年ウィズコロナ時代の新常識としてリアルとオンラインが融合した新たな集客・PR方法がどんどん浸透しており、Matterportも幅広い分野で導入が進んでいます。

弊社では1000件以上の撮影実績をもとに、撮影だけではなく3D モデルを活かしたプロモーション提案が強みです。
Matterportに関することや活用方法などぜひお気軽にお問い合わせください。

目次
閉じる