Matterportの使い方は超簡単!初心者向けにわかりやすく解説

こんにちは!株式会社Advalay編集部です。
こちらの記事では、Matterport pro2の使い方について解説していきます。

私たちは、Matterport事業をメイン事業に1000件以上の施設をMatterportで撮影しているため、Matterportの使い方について詳しく解説していきます!ぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな方にオススメ
  • Matterportを購入したけれど使い方がわからず困っている
  • Matterportの購入を考えているが、使いこなせるか不安
  • 撮影現場に行って、撮影で失敗したくない
Advalay_banner
目次

Matterportの仕組み

Matterportは、3つのカメラと3つの赤外線、合わせて6つのレンズがついています。
レンズは、真正面を向いているもの、上向き、下向きに分かれて設置されており、それぞれ空間の正面、上部、下部を認識していきます。
この上から下までの映像を、360°撮影する(Matterportでのスキャンはカメラ自体が360°回転します)ことで美しい3Dモデルが完成します。

撮影に必要なもの

Matterportの撮影には、

  • Matterport Pro2カメラ
  • 三脚
  • 雲台
  • iPhoneやiPadなどのデバイス
  • Matterport Captureアプリ
  • Matterport Cloud

が最低限必要です。
1つずつ詳しく見ていきます。

Matterport pro2カメラ

(持ち運び用キャリーケース・充電器)
まずは、Matterport pro2カメラです。
Matterportが対応しているカメラ は、ThetaやLeica BLK 360など複数ありますが、Matterport pro2がもっともスタンダードなカメラです。
充電器や持ち運び用のケースも必需品です。

三脚

Matterportは一眼レフカメラなどとは異なり三脚が必須です。
三脚とMatterportを接続するための雲台も忘れずに準備しておきましょう。

カメラを購入する際には、三脚と雲台、キャリーケースがセットになっているものも多いです。

iPadやiPhoneなどのデバイス

カメラの操作は、Matterportカメラ本体ではなくwifiで接続したデバイスで行います。
iPadやiPhoneなどMatterportアプリをダウンロードできるものであればどのデバイスでも問題ありません。

Matterport captureアプリ

カメラを操作するためのMatterport Captureのアプリです。
このアプリを準備したデバイスにダウンロードすることで、カメラを操作できるようになります。

Matterport Cloud

最後はMatterport cloudです。撮影したデータを保管するためのクラウドで、pro2カメラを使っての撮影では必須の準備物です。

Matterportの使い方

機材の準備が整ったら、撮影の準備を始めていきます。

STEP
Matterport pro2カメラと三脚を接続する

まずはカメラと三脚を接続します。

カメラの底にある四角い部分を、三脚の雲台にスライドして取り付けます。
雲台の横にある取っ手を回してカメラを固定します。

カメラの底(雲台接続部分)
雲台
STEP
カメラの電源をONにする
カメラ裏側

カメラ裏側には2つボタンがついています。その上側が電源ボタンになっているため、このボタンを押して電源を入れます。

ちなみに下側のボタンはバッテリーの確認ボタンで、左側の画面にバッテリーの残量が表示されます。上の写真では、1時間21分残りがあるという表示です。

STEP
デバイスでMatterport Captureアプリを起動

カメラの設定が完了したら、続いてはカメラを操作するデバイスを起動します。
デバイス画面右下のプラスボタンを押すと、上の写真のような画面が表示されます。

STEP
WiFi設定からMatterport pro2カメラを選択

アプリを開いただけではカメラと接続されていないため、wifi設定からMatterportカメラを探し接続します。

wifi設定画面

カメラと接続ができていれば、ボタン左側の表示が「Matterport Pro2」に変わります

STEP
撮影モードを選択

最後にスキャンしたいモードを選択します。

3Dモデルを生成するオプションが「3D スキャン」です。基本的にはこちらのモードで撮影を進めていきます。
ここでスキャンしたポイントは、出来上がった映像でウォークスルーをする際に立ち止まれるポイントになるため、展示物や導線を意識してスキャンポイントを決定していきます。

「360°キャプチャー」は、3Dモデルの生成とは関係なく360°映像を撮影するモードです。
「3Dスキャン」で生成した3Dモデルに、後付けで埋め込むことができます。

STEP
白いボタンを押してスキャン開始

ここまで設定が完了したら、画面右側の白いボタンを押してスキャンを開始します。

撮影方法や、撮影のテクニックについては下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

撮影したデータはどうすればいいの?

続いては、撮影が最後まで完了したらどうすればいいのかについてご説明いたします!

Matterport cloudにアップロードする

まずは、Matterport cloudに撮影データをアップロードします。
アップロードは、iPadの中にあるアップロードボタンを押すとクラウドにデータがアップロードされます。

iPadからデータをアップロードする

データのアップロードが完了すると、PCなどオンライン上で完成した3Dモデルを見ることができるようになります。

アップロードされたデータは編集が可能

アップロードが完了したデータは、クラウド内の機能を使って編集することができます。

Matterport Cloud編集画面

クラウド内でできるスタンダードな編集から、Matterport SDKを活用したさらに高度な編集も可能です。
編集については下の記事で詳しく説明していますのでぜひ参考にしてみてください。

発行されたURLでデータを管理

Matterport 3DモデルからはURLが発行されます。
データの納品もURLで簡単に行うことができ、またそのURL1つをメディアやSNSに掲載するだけでいつでもどこからでも閲覧することができる手軽さもMatterportの魅力の1つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ウィズコロナ時代の新常識としてリアルとオンラインが融合した新たな集客・PR方法がどんどん浸透しており、Matterportも幅広い分野で導入が進んでいます。

弊社では1000件以上の撮影実績をもとに、撮影だけではなく3D モデルを活かしたプロモーション提案が強みです。
Matterportに関することや活用方法などぜひお気軽にお問い合わせください。

Matterportの使い方に関するセミナーも開催しています。
ぜひお気軽にご参加ください。

まとめ
  • 準備物
    • Matterport Pro2カメラ
    • 三脚、雲台、キャリーケース
    • iPadやiPhoneなどのデバイス
    • Matterport Captureアプリ
    • Matterport Cloud
  • Matterportの使い方はとても簡単
  • 機材を接続し、アプリを起動するだけで撮影を開始できる
  • スキャンはボタン1つ押すだけ
  • 撮影後のデータ編集や納品も手軽にできる
Advalay
Advalay編集部
このメディアは、Matterportを中心としたコンテンツを発信しています。Matterport事業を行っているAdvalayだからこそ専門的で網羅的な情報をお届けできます。どなたでもわかりやすく、楽しめるコンテンツを作っていますのでぜひご覧ください。
目次
閉じる