Matterport化したホテルがすごい!機能や活用方法を徹底解説

Matterport化したホテルがすごい!

こんにちは!株式会社Advalay編集部です!

高画質360°映像でホテルの雰囲気をそのままオンラインで届けることができるMatterport。

今回は、ホテルのMatterport映像とはどのようなものなのかその機能や活用方法、また事例まで徹底解説いたします。
私たちは、Matterportをメイン事業にしておりホテルの撮影実績もあるためより専門的な情報をご提供いたします。

この記事はこんな方にオススメ
  • ホテルにMatterportを導入するか迷っている
  • Matterportをどのようにホテルで活用するのか、また制作方法がわからない
  • Matterportを活用して集客力をUPさせたい
Advalay_banner
目次

なぜ今ホテルにMatterportを導入するのか

3Dツアーリンクを入れるとクリック率が25%、予約率が14%上昇

Matterportの公式サイトでは、ホテルサイトにMatterportで制作した3Dツアーを掲載すると25%クリック率が上昇すると発表しています。
文字や、画像動画のみで情報を掲載するのに比べてユーザーの興味関心をひきやすくなります。
その結果ホテルの予約率のアップにも繋がっています。

サービスの「全て」を見てから決定したい人が増えているから

また最近では、ホテル業界だけでなく全ての業界のサービス商品の「全て」を見てから購買を決定したいというユーザーの傾向があります。
ホテルの空間すべてを公開するのにMatterportは最適なアイテムと言えます。

ホテルの雰囲気が伝わりやすいため

そしてMatterport映像は、ホテルの入り口から客室、レストランまで全ての導線、全体像を公開することができます。
そのため、写真や動画だけの情報に比べて、よりホテル全体の雰囲気がイメージしやすいため安心して予約に進むことができるという魅力があります。

Matterportをホテルに導入した事例

蒲郡クラシックホテル

Gatzara Suites Santa Gertrudis

引用:https://matterport.com/gallery/gatzara-suites-santa-gertrudis

Abu Dhabi Ballrooms

引用:https://www.virtualworldinternet.com/portfolio/service/matterport-virtual-tours/location/abu-dhabi/sector/ballrooms

Matterport映像の機能や特徴 3選

スムーズなウォークスルー機能でイメージが湧きやすい

引用:https://www.virtualworldinternet.com/portfolio/abu-dhabi-ballrooms

Matterport映像の大きな特徴の1つがスムーズなウォークスルー(空間移動)機能です。
画像や動画では、限定された情報が受動的に流れてきます。そのため、自分が本当に見たい場所を見ることができないなどストレスが発生します。
Matterport映像では見たい場所を自分で選び好きなだけ見ることができます。自らの手でコントロールして情報にアクセスすることができるため、効率的にホテルを見学することができます。

4K高画質でこだわり構造や臨場感まで表現

引用:https://matterport.com/gallery/gatzara-suites-santa-gertrudis


さらに4Kの高解像度で空間を映し出すため、ホテルの細かい構造やデザインを表現することができます。
リアルの空間をそのままオンライン上で届けることができるため、ユーザーは雰囲気や臨場感をイメージしやす安心してホテルを決定することができます。

タグ機能でリンクや動画などの埋め込みができる

引用:https://gamagori-classic-hotel.com/

またMatterport映像の特徴としてタグ機能があります。
このタグ機能では、画像や動画、サイトリンクを埋め込むことができるため、より詳細な情報はこちらの機能を活用して掲載します。
ホテルや企業のプロモーション動画や、またテラスなどがある場合は時間帯によって変化する景色の映像、ホテル周辺の観光情報など多様なコンテンツを1つのデータに集約することができます。
タグ機能については、下の記事でも詳しく解説しておりますので参考にしてみてください。

活用方法

せっかく映像を制作してもうまく活用できていない…とお悩みをいただくことがありますので、今回は2つの活用方法についてご紹介します。

WEBサイトに掲載し集客やPRに

(引用:https://www.hankyu-hotel.com/hotel/respire/osaka/accommodation/3dwalk

主流な活用方法はWEBサイトへの掲載です。
上の画像は、阪急ホテルの公式サイトで、各客室のMatterport映像が並んでいます。

サイト上で客室を選ぶためには、客室のリンクをクリックし、その先で複数枚の写真を見ることができるような仕組みが多かったのではないでしょうか。しかし、Matterport映像であればサイトに入った最初のページで全ての客室の全体を見ることができるため、ユーザーの負担を減らすことができます。

ユーザーがストレスなくサイトを回れることで、予約に繋げることができます。

オンラインツアーに

 通常ホテルの宿泊では、フロントや客室など限られた空間のみ利用することが多いのではないでしょうか。
しかし、ホテルの中には有名建築家によってデザインされたデザインホテルなど、見どころ満載の空間もあります。
そこで、Matterport映像をZOOMなどのオンラインツールで共有し「ホテルのオンラインツアー」を開催することもできます。オフラインではなかなか実現できないような企画を開催できるのもオンラインツールの魅力です。

制作フロー

STEP
打ち合わせ

撮影日程や、撮影箇所について打ち合わせを行います。

STEP
撮影

打ち合わせの内容をもとに、撮影を進めていきます。
カメラマンは1名、撮影日数は1~2日です(撮影日数は平米数によって変動します)。

またMatterportは動いているものを認識すると映像がブレてしまいます。そのため、お客様の行き来が少ない朝方や夜中に撮影ができるよう、時間を調整します。

STEP
編集

撮影したデータから生成された3Dモデルを編集していきます。
タグ機能で、ホテルの予約サイトやプロモーション動画など多様なコンテンツを埋め込んでいきます。

STEP
納品

編集作業が終了したらデータの完成です。
Matterport映像から発行されるURLで納品になります。
こちらのURLをサイトやSNSに掲載していただくだけで、24時間365日映像にアクセスすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Matterportをホテルで活用する方法についてまとめます。

まとめ
  • Matterportのオンラインツアーとホテル業界は相性がとても良い
  • Matterportを導入するとサイトのクリック率、予約率UPが期待できる
  • 予約サイトやプロモーション動画を映像内に埋め込んだり、また完成したデータを活用してホテルツアーなどオンラインならではのコンテンツが制作することができる

ウィズコロナ時代の新常識としてリアルとオンラインが融合した新たな集客・PR方法がどんどん浸透しており、Matterportも幅広い分野で導入が進んでいます。

弊社では1000件以上の撮影実績をもとに、撮影だけではなく3D モデルを活かしたプロモーション提案が強みです。
Matterportに関することや活用方法などぜひお気軽にお問い合わせください。

Advalay
Advalay編集部
このメディアは、Matterportを中心としたコンテンツを発信しています。Matterport事業を行っているAdvalayだからこそ専門的で網羅的な情報をお届けできます。どなたでもわかりやすく、楽しめるコンテンツを作っていますのでぜひご覧ください。
目次
閉じる