BLOG

【登録有形文化財】マターポート(Matterport)撮影事例

先日、京都の祇園にて国の登録有形文化財の撮影を行いました。

築150年ほどの建物の撮影は弊社でも初めての試みでしたが、とても見応えのある3Dデータが完成いたしました。今回は来年から始まる耐震工事前の【今】の建物を撮影させていただき、今後の工事などに役立てて行かれるそうです。

完成した3Dデータを見た支配人さんがとても喜んでいた姿を見れて弊社としても嬉しく思います。

また、最近パリのノートルダム大聖堂が火災で半壊してしまったことを思うと、弊社の3Dサービスで歴史的に価値のある建造物を撮影していくことに大変意味があるのではないかと思いました。

3Dデータの撮影やお問い合わせはこちらまで。

 

 

関連記事