BLOG

【登録有形文化財】マターポート(Matterport)撮影事例

先日、京都の祇園にて国の登録有形文化財の撮影を行いました。

築150年ほどの建物の撮影は弊社でも初めての試みでしたが、とても見応えのある3Dデータが完成いたしました。今回は来年から始まる耐震工事前の【今】の建物を撮影させていただき、今後の工事などに役立てて行かれるそうです。

完成した3Dデータを見た支配人さんがとても喜んでいた姿を見れて弊社としても嬉しく思います。

また、最近パリのノートルダム大聖堂が火災で半壊してしまったことを思うと、弊社の3Dサービスで歴史的に価値のある建造物を撮影していくことに大変意味があるのではないかと思いました。

3Dデータの撮影やお問い合わせはこちらまで。

 

 

!お知らせ!
マターポートのデータを活用して物件を遠隔操作で内覧できるようシステムを独自開発しました。 ホスト側で遠隔操作が可能となり、クライアント側は画面をみているだけで操作不要で室内の案内が可能。
これまでにない新しい内見・内覧の形。
特設案内ページはこちらから!

関連記事

ピックアップ記事

  1. Matteport(マーターポート))
    最近、360°カメラ、インドアビュー、3Dモデル等、よく耳にするようになりました。

よく読まれている記事

  1. 2020.7.19

    Matterport 事例集 2020年最新版

    弊社がこれまでに多くのMatterportデータを作成してきました。
  2. 2020.7.18

    MatterportをVRでみる方法をご紹介

    VRを使ってMatterportのデータをみたことはありますか?Matterportのデータは基...
  3. 2020.4.23

    Matterport撮影 国立科学博物館

    Matterportで国立科学博物館を撮影先日、国立科学博物館の3D撮影を合同会社Advalay...