不動産の魅力を最大化!ハイクオリティCG家具をバーチャルツアーに埋込む新サービス

昨今、バーチャルツアーの利用は急速に拡大しています。特にMatterportのような高品質なバーチャルツアーは、不動産業界をはじめ、教育、観光、インテリアデザインなど多岐にわたる分野で活用されています。

そんな中、私たちはMatterportツアーの価値をさらに高める新サービスをリリースしました。本記事では、この新サービスの詳細やそのメリットについてご紹介いたします。

この記事でわかること
Advalay_banner

高解像度CG家具埋め込みサービスとは

高解像度CG家具埋め込みサービスは、Matterportツアー内に高解像度のCG家具を追加することで、よりリアルで魅力的なバーチャルツアーを実現するサービスです。このサービスは、特に不動産業界やインテリアデザイン業界での利用が期待されています。

サービスの特徴

リアルな質感とディテール: 高解像度のCG家具を使用することで、実際の家具の質感やディテールを忠実に再現します。ユーザーはまるで実物の家具を見ているかのような体験を得られます。

カスタマイズ可能: ユーザーのニーズに応じて、家具の配置やスタイルを自由に変更可能です。お客様の希望に合わせたカスタマイズが可能で、最適な提案を行うことができます。

シームレスな統合: Matterportツアーにスムーズに統合され、違和感のないバーチャル体験を提供します。高解像度CG家具がツアー内に自然に溶け込み、リアルな空間を演出します。

Advalay社制作

高解像度CG家具がもたらすメリット

バーチャルツアーの価値向上

高解像度CG家具を導入することで、Matterportツアーの価値は飛躍的に向上します。ユーザーは、よりリアルで魅力的な空間を体験でき、物件やデザインの魅力を最大限に引き出すことができます。視覚的なインパクトが強まり、ツアーを通じて感じる没入感が高まります。

不動産業界での利用

不動産業界では、物件の魅力をオンラインで効果的に伝えることが重要です。高解像度CG家具を使用することで、空室の物件でも家具が配置された状態をシミュレーションでき、潜在顧客に対して強力なアピールが可能です。これにより、購入意欲を高め、契約成立の可能性を高めます。

具体的には、以下のような効果が期待できます。

  • 物件の魅力を最大限に引き出す: 空室の物件では、広さや間取りを伝えるだけではなく、家具を配置することで生活イメージを具体化できます。
  • 購入意欲を高める: バーチャルツアーを通じて、顧客が物件の魅力をリアルに感じることができ、購入意欲が高まります。
  • 時間とコストの削減: 実際の家具を運び入れることなく、バーチャル上で家具を配置できるため、時間とコストの大幅な削減が可能です。

インテリアデザイン業界での利用

インテリアデザイン業界でも、CG家具を使用することで、デザイン提案をより具体的に、そしてリアルにクライアントに伝えることができます。クライアントは完成後のイメージをより具体的に理解でき、デザインの採用率が向上します。

具体的には、以下のような効果が期待できます。

  • デザイン提案の具体化: CG家具を使用することで、クライアントに対して具体的なデザイン提案が可能になります。
  • クライアントの理解度向上: 完成後のイメージを具体的に伝えることで、クライアントの理解度が向上し、デザインの採用率が高まります。
  • デザインの柔軟性: CG家具を使用することで、デザインの変更や調整が容易になり、クライアントの要望に迅速に対応できます。

CG家具埋め込みサービスの導入方法

  • 誰サービスの申し込み
  • バーチャルツアーの撮影
  • CGレイアウト選定
  • バーチャルツアーの公開

ステップ1: サービスの申し込み

まずは、私たちのウェブサイトからサービスの申し込みを行います。申し込み後、専任のコンサルタントがヒアリングを行い、具体的なニーズを把握します。お客様のご要望に応じて、最適なプランを提案します。

ステップ2: バーチャルツアーの撮影

次に、ご指定の物件のバーチャルツアーを撮影します。
物件の大きさによって撮影時間がことなります。

マンション80㎡程度:40分
戸建150㎡程度:80分

ステップ3: 家具レイアウト選定と配置

次に、CG家具の選定と配置を行います。ユーザーの要望に応じて、最適な家具を選定し、バーチャルツアー内に配置します。

具体的には、以下のプロセスを経て進行します。

  1. 家具の選定: ユーザーの要望や物件の特徴に基づいて、最適なCG家具を選定します。
  2. 配置のシミュレーション: 選定した家具をバーチャルツアー内に配置し、配置のバランスやデザインを確認します。
  3. お客様確認: 配置予定のレイアウトを共有し、最終的な確認を行います。

ステップ3: バーチャルツアーの公開

最終的に、CG家具を埋め込んだバーチャルツアーを公開します。公開後も、ユーザーからのフィードバックを基に、必要に応じて調整を行います。公開後のサポートも充実しており、ユーザーが安心してサービスを利用できる体制を整えています。

導入事例

事例: マンションのバーチャルツアー

マンションの販売において、高解像度CG家具を導入しました。空室の状態では伝えきれない物件の魅力を、リアルな家具配置でアピールすることができ、短期間での契約成立に成功しました。

Advalay
Advalay編集部
このメディアは、Matterportを中心としたコンテンツを発信しています。Matterport事業を行っているAdvalayだからこそ専門的で網羅的な情報をお届けできます。どなたでもわかりやすく、楽しめるコンテンツを作っていますのでぜひご覧ください。
  • URLをコピーしました!

\ 広報担当者向け /
Matterport完全攻略ガイド

Matterportの機能や活用事例など概要を詳しく紹介しています。
社内稟議やクライアント様への提案資料としてもご活用いただけます。

この記事を書いた人

この記事でわかること