建築図面からフルCGバーチャルツアーを制作!不動産・建設業界向けの次世代サービス

不動産デベロッパーと建設業界では、バーチャルツアー技術を積極的に採用しており、特に平面図や立面図から直接バーチャルツアーを制作する技術が注目を集めています。

この技術により、未完成の物件の魅力をリアルタイムで顧客に伝えることが可能になります。本記事では、当社の「平面図・立面図からのバーチャルツアー制作サービス」を紹介し、不動産デベロッパーと建設業界におけるその利用価値と市場ニーズについて詳しく解説します。

この記事でわかること
Advalay_banner

フルCGバーチャルツアー制作とは

当社のサービスは、平面図や立面図を基にして高品質な3Dバーチャルツアーを制作するものです。これにより、実際の建設が始まる前に、顧客は物件の内部や外観をバーチャルで体験することができます。

高精度3Dモデリング技術を活用したバーチャルツアー

  • 高精度の再現性: 最新の3Dモデリング技術を使用し、平面図や立面図を基に、物件の詳細を精確に再現します。
  • 操作性が高いユーザー体験: ユーザーが自由に動き回り、異なる角度から物件を見ることが可能です。
  • カスタマイズ可能: 顧客のニーズに応じて、内装材や仕上げをカスタマイズすることができます。
Advalay社制作

バーチャルツアー市場の成長と業界ニーズ

不動産市場におけるバーチャルツアーの需要は急速に拡大しています。特に新型コロナウイルスの影響で、物理的なプロパティ訪問が制限されたことから、バーチャルツアーへの依存が高まっています。以下は、バーチャルツアーの市場成長に関する重要な統計です。

市場予測

バーチャルツアー市場は、2021年から2027年にかけて年平均成長率(CAGR)11.7%で成長し、2027年には数十億ドル規模に達すると予測されています(出典: Market Research Future)。

顧客の関心

バーチャルツアーを利用した物件の広告は、顧客の関与を高め、実際の訪問前に75%のユーザーが興味を持つと報告されています(出典: Realtor.com)。

投資対効果

不動産業界におけるバーチャルツアーの導入は、投資対効果が高く、物件の販売サイクルを短縮し、最終的な売上げ向上に寄与しています(出典: Zillow)。

フルCGバーチャルツアー制作の利点

プレセールスプロモーションでのバーチャルツアーの活用

未完成の開発プロジェクトにおいて、投資家や購入者に対して物件の潜在的な価値を視覚的に示すことができます。これにより、建設前の早期段階での販売を促進することが可能です。バーチャルツアーは、物件の魅力を視覚的に伝える最適な方法であり、顧客に強い印象を与えます。

  • 早期販売の促進: バーチャルツアーを通じて、物件の魅力をリアルタイムで伝えることで、建設前から購入者の関心を引き、早期に販売を進めることができます。

  • 投資家へのアピール: バーチャルツアーは、投資家に対して物件の将来価値を効果的にアピールする手段としても機能します。

完成イメージの共有による設計効率の向上

バーチャルツアーを通じて、関係者全員が完成後の物件のイメージを共有することができます。これにより、設計上の誤解やコミュニケーションの問題が減少し、プロジェクト全体の効率が向上します。

  • 関係者間の共通理解: バーチャルツアーを使用することで、設計者、建設業者、顧客など、すべての関係者が同じ完成イメージを持つことができ、意思疎通が円滑になります。

  • 設計変更の容易化: バーチャルツアーを通じて早期にデザインを確認できるため、設計変更や微調整が容易になり、建設プロセス全体の効率が向上します。

コスト削減と効率化

バーチャルツアーを使用することで、実際のモデルルームやプロトタイプを作成する必要がなくなり、コスト削減に貢献します。また、バーチャルツアーは迅速に作成できるため、プロジェクトの進行を遅らせることなく、マーケティング活動を開始できます。

  • モデルルームの代替: バーチャルツアーは、物理的なモデルルームの代わりに使用でき、制作や維持にかかるコストを削減します。特に複数の物件や多様なレイアウトを紹介する場合、バーチャルツアーは効果的です。

  • 迅速なマーケティング展開: バーチャルツアーは短期間で作成できるため、プロジェクトの早い段階からマーケティング活動を開始し、顧客へのアピールを強化できます。これにより、建設中のプロジェクトでも早期に顧客の興味を引きつけ、販売促進に繋げることができます。

想定される成功事例イメージ

都市型高級マンションプロジェクトの成功事例

ある都市型高級マンションプロジェクトでは、平面図と立面図を基にバーチャルツアーを制作し、販売前のプロモーション活動に活用しました。このプロジェクトでは、購入者が完成前に物件の内部を体験できることで、購入意欲が大いに高まりました。

  • 初期プロモーションの成果: プロジェクトの初期段階で、バーチャルツアーを通じて多くの潜在顧客に物件の魅力をアピールしました。これにより、展示会や広告キャンペーンと連動して、幅広い層からの関心を引きました。

  • 顧客体験の向上: バーチャルツアーにより、顧客は自宅から物件の詳細を確認できるため、購入検討時のストレスが軽減されました。実際に現地を訪れる前に、物件の全体像を把握できたことで、現地訪問時には具体的な質問や要望を持って臨むことができました。

  • 結果: プロジェクト開始から6ヶ月以内に、予定していたユニットの85%が契約に至りました。この成功は、バーチャルツアーを活用したプロモーションが大きく寄与しています。

大規模商業施設の開発事例

大規模商業施設の開発プロジェクトでは、テナント誘致のためにバーチャルツアーを活用しました。テナントは、バーチャルツアーを通じて店舗のレイアウトや周辺環境を確認でき、早期に契約を決断することができました。

  • テナント向けプレゼンテーション: バーチャルツアーを用いたプレゼンテーションにより、テナント候補に対して施設の魅力を具体的に伝えることができました。各テナントが自身の店舗の配置やデザインをシミュレーションできたため、契約前に具体的なプランを立てることができました。

  • 契約決定までの迅速化: テナント候補がバーチャルツアーを通じて施設の全体像を把握できたことで、契約決定までのプロセスがスムーズに進行しました。現地訪問の必要性が減り、遠方からのテナント候補にも効果的にアプローチすることができました。

  • 結果: テナントの募集開始から3ヶ月以内に、全テナントスペースの90%が埋まりました。この迅速な契約成立は、バーチャルツアーを活用した効果的なマーケティング戦略の結果です。

CGバーチャルツアー制作の導入ステップ

  • サービスの申し込み
  • 平面図・立面図の提供
  • CGバーチャルツアーの制作

ステップ1: サービスの申し込み

まずは、私たちのウェブサイトからサービスの申し込みを行います。申し込み後、専任のコンサルタントがヒアリングを行い、具体的なニーズを把握します。お客様のご要望に応じて、最適なプランを提案します。

ステップ2: バーチャルツアーの撮影

次に、平面図や立面図を私たちに提供いただきます。これを基に、バーチャルツアーの制作を開始します。

ステップ3: バーチャルツアーの制作

最新の3Dモデリング技術を駆使し、高品質なバーチャルツアーを制作します。ユーザーが自由に動き回れるインタラクティブな体験を提供します。

ステップ4: 完成品の確認と公開

完成したバーチャルツアーをお客様に確認いただき、必要な修正を行います。その後、公開準備が整い次第、バーチャルツアーを公開します。

制作データ事例

マンション事例
Advalay
Advalay編集部
このメディアは、Matterportを中心としたコンテンツを発信しています。Matterport事業を行っているAdvalayだからこそ専門的で網羅的な情報をお届けできます。どなたでもわかりやすく、楽しめるコンテンツを作っていますのでぜひご覧ください。
  • URLをコピーしました!

\ 広報担当者向け /
Matterport完全攻略ガイド

Matterportの機能や活用事例など概要を詳しく紹介しています。
社内稟議やクライアント様への提案資料としてもご活用いただけます。

この記事を書いた人

この記事でわかること