デジタルツインとは?メリットや4つの活用事例までわかりやすく解説

「デジタルツインが流行っているけど、いまいち概要がわからない」
「デジタルツインのメリットや活用事例を詳しく知りたい」
「デジタルツインの流行に遅れたくない」

こんなお悩みや疑問を持っている方はいませんか?

デジタルツインは、多くの活用メリットがあることからさまざまな業界業種で導入が進んでおり、今後も市場の拡大が予想されます。

本記事では、デジタルツインの概要やメリット、国内外における活用事例まで網羅的に解説します。

著者

私達は、デジタルツイン技術「Matterport(マーターポート)」をメイン事業に、1,500施設以上のデジタルツインをサポートしてきた実績から、専門的な視点で解説していきます。

この記事でわかること
Advalay_banner

デジタルツインとは?

デジタルツインとは、現実空間をさまざまなデジタル技術を使って、仮想空間にそのままに再現したものです。
「ツイン」から双子をイメージするとわかりやすく、現実空間と同じ空間をバーチャル上でも閲覧できます。

デジタルツインのアイデア自体は1991年頃から発表されていましたが、最終的に用語の使用が進んだのはここ10年程度の間です。

メタバースとの違い

デジタルツインと混合しやすいのが、メタバースで、両者とも仮想空間を生成するという点では共通しています。
一方、大きな違いは「仮想空間を構成する材料が、現実空間なのか仮想空間なのか」です。

デジタルツインでは、必ず現実空間に実存するものを材料にしますが、メタバースの構築材料は現実空間、仮想空間どちらも当てはまります。
オンライン内見で使われるようなバーチャル物件は「デジタルツイン」、ゲームの世界はメタバースとイメージすると良いでしょう。

市場規模と将来性

(引用:https://www.imarcgroup.com/digital-twin-market)

IMARCは、2022年〜2027年におけるデジタルツイン市場の動向予測を発表しています。市場規模は、2021年の約1.4兆円から2027年には7.5兆円になると予想されており、およそ5.3倍の伸び率です。

特に2022年では、製薬やヘルスケア業界での導入が増加しており、今後はさらにさまざまな業界で活用が進むと予想されています。
航空宇宙など特殊な業界から、小売業界など身近な企業まで多くのビジネス活用が期待できます。

デジタルツインを構成する5つの技術

デジタルツインを構成するのに、主に次の5つの技術が活用されています。

  • loT
  • AI
  • 5G
  • AR・VR
  • CAE

デジタルツインの構成要素を知ることで、デジタルツインの仕組みがより理解しやすくなるでしょう。

IoT

IoT(アイオーティー)とは、モノをインターネットに接続しデータをやりとりする仕組みで「モノのインターネット」とも呼ばれています。
仮想空間を生成するには、現実空間の「色」「距離感」「形」などさまざまな情報やデータを認識する必要があります。

IoTを使って、現実空間の情報を大量かつ正確に反映することで、リアルと変わらない高精度な仮想空間を制作できます。

AI

デジタルツインにおいては、AIの情報処理能力が大きく活躍します。
さまざまなツールで認識した現実空間に関する膨大なデータや情報を、AIで処理します。
AIで処理したデータから、構造パターンや仕組みを発見し、将来の様子を予測しながらバーチャル空間を生成します。

5G

5Gを採用することで、認識したデータをスピーディーに仮想空間に反映できるようになります。
5G(5th Generation)とは「第五世代移動通信システム」のことで「高速大容量」「高信頼・低遅延送信」「多数同時接続」が特徴的なインフラ通信技術です。
2020年春に商用可がスタートしてから、モバイル通信を中心に多くのサービスで使用されています。

大容量のデータをすばやく処理できる5Gは、デジタルツインを支える重要な技術です。

AR・VR

AR(拡張現実)やVR(仮想現実)も、デジタルツインで没入感のある体験を実現するのに大きな役割を担っています。
ARとは、現実空間にバーチャル情報を追加することで、仮想的に現実空間を拡張する技術を指します。デジタルツインで生成した現実空間のバーチャル映像に、バーチャルコンテンツを追加することで、現実空間に付加価値を追加できます。

また、VR技術を通して仮想空間を見ることで、まるで現実空間にいるような疑似体験を可能にします。

CAE

CAE(Computer Aided Engineering)とは、試作品を使ったシミュレーションをコンピューター上で行うことを意味します。
デジタルツインで生成した仮想空間内でシミュレーションすることで、試作品にかかる費用や時間など多くの費用を削減できます。

特に建設・住宅業界では、バーチャル空間上で現場を閲覧し、備品の移動や細かい調整ができるので格段に業務を効率化できるのが特徴的です。

デジタルツインのメリット

デジタルツインを採用するメリットは次の5つです。

  • 業務効率化
  • コストダウン
  • 情報の集約化
  • 物理的な制約を排除
  • アーカイブ保存

どの業界にも当てはまるメリットを取り上げていますので、自分のビジネスにどう活用できるかイメージしながら読み進めてみてください。

業務効率化

デジタルツイン技術を活用することで、社内をDX化できるため、さまざまな業務の効率化につながります。
営業・企画・集客・アフターサポートなどどのフローにも活かせるため、ビジネスモデルを大幅に改善できる可能性もあります。

たとえば住宅業界の事例では、デジタルツインで制作した3Dモデルに物件や周辺情報をすべて集約することで、営業や接客をすべてデジタル上で完結できます。
業務を効率化できることで、生産性が向上するだけでなく、社員の働き方改善にもつながります。

コストダウン

多くの業務を効率化できれば、コストも自動的に削減できるでしょう。
事業にかかる費用だけでなく、移動時間や人材、労力など多くの無駄を省けると予想されます。

製造業では、開発や企画において現実世界の物体をそのまま反映した3Dモデルを資料として活用できるため、イメージが湧きやすく課題点も見つけやすいです。そのため、従来よりも質の高い試作品を作れるため、時間や費用を削減しながら完成まで進められます。

情報の集約化

デジタルツインで制作した3Dモデルの中に、すべての情報を集約できるのも大きなメリットといえます。
空間情報は当然のこと、建物自体や商品、関連情報まで必要情報までスピーディーにアクセスできます。

建設業界では、多くの資料を使用するため、なくした資料を再作成したり、探すのに時間がかかったりと意外な業務でタイムロスしている可能性があります。
その空間に関わる情報が、1つの3Dモデルにすべて収まっていることで、情報の検索・共有・保管におけるメリットを期待できます。

物理的な制約を排除

「時間」「場所」「天候」など、サービスを提供するにあたり、さまざまな物理的な制約を排除できます。
観光地や施設の現地ツアーを実施する場合、ユーザーはさまざまな物理的要因からサービスを体験できない可能性があります。

「仕事や学業が忙しく現地に足を運べない」「イベント開催に割ける人員がいないため、開催を断念する」など、ユーザー側、施設側の双方にストレスを感じるシーンも多いものです。

仮想空間は、時間や空間にとらわれることなく自由にシミュレーションや実践できる魅力があります。

アーカイブ保存

空間の3Dモデルを制作することで、半永久的に施設をアーカイブ保存できます。
特に、美術館や博物館、歴史的建造物など、建物自体や保管されている展示物が貴重な場合、災害や盗難の被害に対する対策にもなります。

またイベントや展示会など、期間を限定された空間は一度壊してしまうと二度と見れなくなるため、施設内の保管資料として保有しておくのも良いでしょう。

デジタルツインで3Dモデルを制作できるツール

デジタルツインで3Dモデルを制作できる代表的なツールは次の3つです。

  • Matterport
  • BLK 360 G1

それぞれ特徴を説明していくので、目的に合わせて最適なツールを選ぶことが重要です。

Matterport

Matterport(マーターポート)は、アメリカのMatterport社が提供するデジタルツインサービスです。
360度カメラで認識した現実空間を、そのままバーチャル上に反映させ3Dモデルを生成します。

建設業界では、空間に関係する資料の検索・保管・共有をスムーズに行い大幅に業務を効率化できます。
工場・教育施設・美術館など大規模施設の仮想化も可能で、さまざまな業界業種で導入が進んでおり、今後も多くのシーンでMatterport活用が期待されています。

BLK 360 G1

ライカジオシステムズ株式会社は、計測テクノロジーに強いグローバル企業で、デジタルツインを実現する「Leica BLK360 G1」を発売しています。
BLK360 G1もMatterport(マーターポート)と連携しながら、3Dモデルを生成できます。

BLKは、毎秒360,000点のパノラマ画像を撮影し、多数の点群データを獲得できるためより高精度なデータを制作できます。

デジタルツインの国内事例

Matterport技術を活用したデジタルツインの国内事例を3つ紹介します。

  • 【製造】三和工業株式会社
  • 【建設】仙台ビル
  • 【行政】東京都

さまざまな業界の事例を見ることで、自社での活用方法のイメージをつかみやすくなります。

【製造】三和工業株式会社

三和工業は、宮城県石巻市にある精密板金加工やプレス加工を提供する企業で、工場をそのままデジタル化した「バーチャル工場見学」を制作しました。
板金〜加工〜溶接〜塗装まで、最大制度でオペレーションしている様子がそのまま表現されており、テキスト情報でさらに詳しい説明が表示されています。

【建設】仙台ビル

仙台にあるオフィスビルのデジタルツイン事例です。
リフォームにあたり解体時の建物をそのままバーチャル化し、プロジェクトメンバーに資料として共有。

これまでは紙媒体の図面資料を複数見ながら打ち合わせにしていたのに対し、1つのデータで建物全体を見られるためスムーズに話し合いを進められます。
また実物を見られるため、イメージしやすくミスマッチを防ぐメリットもあります。

【行政】東京都庁

行政でもデジタルツイン技術が活用されており、東京都でも都庁の建物をバーチャル化しています。
バーチャル社会科見学として、都庁をオンライン上で公開することで、国内外問わず幅広いユーザーに情報を届けられます。

東京都が行っている取り組みを国民に理解してもらうことで、イメージアップにも繋がります。
また東京都では「デジタルツイン実現プロジェクト」として、東京都全体の3Dモデル制作も進めており、2030年までに完全なデジタルツインの実現を目指しています。

デジタルツインの海外事例

ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザで有名なRPM Pizzaは、店舗をMatterportで撮影しバーチャル化しました。
用途は、店舗のレイアウト最適化を目的とした建設プロジェクトの進行を円滑に進行するための資料として採用。

実店舗をバーチャル化することで、店舗の現状を完全に把握しプロジェクト関係者へのデータを正確に伝えるなど多くの導入効果をもたらしました。
店舗のレイアウトを改善したことで、調理効率が向上し、売上げアップにもつながります。
(引用:https://matterport.com/ja/industries/case-studies/rpm

デジタルツインでビジネスモデルを再構築しよう

デジタルツイン技術は、導入効果の高さから幅広い業界業種で導入が進んでいます。
今後も、AIや5Gなどさまざまな技術の精度があがることで、デジタルツインの活用幅も広がることが予想されます。

デジタルツインを活用することで、多くのコストを削減し業務効率化につながります。
デジタルツインやMatterportに関するご相談はぜひお気軽にお問い合わせください。

Advalay
Advalay編集部
このメディアは、Matterportを中心としたコンテンツを発信しています。Matterport事業を行っているAdvalayだからこそ専門的で網羅的な情報をお届けできます。どなたでもわかりやすく、楽しめるコンテンツを作っていますのでぜひご覧ください。
この記事でわかること
閉じる