BLOG

会社紹介 Inc-line(インクライン )

コワーキング&リノベーションラボ Inc-line

本日は弊社がMatterportでお世話になっているInc-line(インクライン)をご紹介したいと思います。。
Inc-lineは東京都 渋谷区と大阪府大阪市の2箇所に拠点をおくサロンにです。
(現在九州にも拠点を準備中)

下記はInc-lineの説明になります。

Inc-lineは、日本の街づくりや都市づくりにおける社会課題の解決のための、
新たなバリューチェーン構築のためのプラットフォームです。
街づくりや都市作りにおいては地域、エリア毎に持つ社会課題の構造が異なるため、
その課題解決のためには、個別解を出す必要があります。
そのために、個社ではなく、領域や職域の垣根を超えて、
地域毎の課題について0から考えるところからスタートし、
プロジェクト毎に最適なチームでその解決に挑みます。
地域課題を抱える自治体や企業に所属されている方、

また、地域課題において自信の力を活かしたい方を
広く募ります。既存のバリューチェーンを見直す時は今。
日本の未来につながるプロジェクトが多く生まれることを願って。

以上になります。

また、Inc-lineは
【会社の枠を超えたスキルを持った仲間が集まるサロン】です。
メンバーはここで会議、デスクワークを始めとした基本的な使い方から、外部の方を招いてのイベントなども行うことができます。夜になると、ビールを片手にくつろげる場所でもあります。ビジネスの企みについて気軽に議論できる場所で、日本の未来につながるプロジェクトの実現を目指す場所になります。
Inc-lineでは定期的に様々な業種の代表を招き
今までに下記のようなイベントを行っています。
Inc-line インクライン
一番最近ではInc-line インクライン
上記のように

今注目のADDressの代表とHafHの代表の対談イベントも行い100人弱の動員を記録しました。

回を重ねるごとにInc-lineの知名度も上がり、
メンバーとして加入してくれる方も増えてきています。

とても面白い場なので気になるイベントがあれば是非お越しください。

Inc-lineの情報はこちら

Facebookはこちら
!お知らせ!
マターポートのデータを活用して物件を遠隔操作で内覧できるようシステムを独自開発しました。 ホスト側で遠隔操作が可能となり、クライアント側は画面をみているだけで操作不要で室内の案内が可能。
これまでにない新しい内見・内覧の形。
特設案内ページはこちらから!

関連記事

ピックアップ記事

  1. Matteport(マーターポート))
    最近、360°カメラ、インドアビュー、3Dモデル等、よく耳にするようになりました。

よく読まれている記事

  1. 2020.7.19

    Matterport 事例集 2020年最新版

    弊社がこれまでに多くのMatterportデータを作成してきました。
  2. 2020.7.18

    MatterportをVRでみる方法をご紹介

    VRを使ってMatterportのデータをみたことはありますか?Matterportのデータは基...
  3. 2020.4.23

    Matterport撮影 国立科学博物館

    Matterportで国立科学博物館を撮影先日、国立科学博物館の3D撮影を合同会社Advalay...